2010年05月 Archive

棚板完成。

10050201.jpg10050202.jpg


making gadget+  その3。


棚板、かなりシュッとした感じになりました。1枚の鉄板に穴をどのくらいの大きさで、どんな間隔であけていくのか。うんうん悩みました。壁に設置されたのを見て、感動!(N)


パンチングスパン。これ、今回どうしてもやりたい事の一つで、当初は直径6mmのパンチングで考えておりました。したらば金属加工チーム(山尾金属様)のサンプルが13mmで届きまして、試しに壁に当ててみると穴から漏れる光の感じがまぁ素敵で、「これでいいんじゃね」と思ったのも束の間、小さい商品落ちる!強度落ちる!で「それなりに大きい穴で問題点解決」うーん迷ったね。結果10mm。スパン出来上がりまではちょっとドキドキ。棚板到着の日。ばっちりさね。そいでもって設置。いやープロはいつ見てもスゲー。ぴしゃりですわ。いい!
お店はみんなのアイディアでできあがります!(T)

Date: 2010年05月02日

gadget+ ホームページOPEN!

10051001.jpgオープンが3日後に迫ったgadget+。ちょっとお先にホームページ公開です。まだまだ情報が足りませんが、徐々に充実させていく予定です。お店はもちろん、ホームページのほうもよろしくお付き合いくださいね。


素人の私たちがこんな立派なサイトは作れませんので、ハイパーメディアナゾメイター・藤本"RITO"征史郎氏に作ってもらいました。ありがとうございます!(N)

Date: 2010年05月10日

あと1日!

10050902.jpgオープンがもう目前に迫ってきました。内装の方もほぼほぼ終わり、今日は自宅に置いてあった商品をお店のほうへ運びました。腰が痛い。段ボールや新聞紙で手が乾燥。慣れない作業でもたついたりしているうちに、あっと言う間に日付がかわってしまいました。。。
ブツブツ言っても、13日は待ってくれない!ってことで明日も気合い入れて頑張ります。皆様のご来店をお待ちしております。(N)


ここで今回のロゴとカエルについてうんちゃら。めっちゃたいへんでしたよ。デザイナーさんが。ロゴとアイコンといえばお店の顔。そんな思いが強い私の我のせいですげー時間かかったしね。あーじゃねーこーじゃねーとクライアントわがまま放題。嫌な思いもたくさんさせちゃったな。そんな被害にあいながらも真摯な態度で受けてたってくれたデザイナーさんはPOWER GRAPHIXX inc.の斎藤順也くん。gadgetカエルの父ですな。いやー実はグラフィックデザイナーたる肩書き持つ人には、事務的に段取りよく仕事こなすイメージあったり(失礼) なんちゃってな人も多くてどーなんでしょ?と先入観ありましたが、彼はちょっと違いましたな。デザイン業界ではよくないことかもしれないけど、こっち側では最高の評価じゃないかと。そんな彼のおかげで、全く妥協点のない満足度120%のものができあがりました。皆さん、彼はいい仕事しますよ。斎藤くん、ほんとにありがとうございました。(T)

Date: 2010年05月12日

bamwood d&w

bamwood d&wの製品は、現代に栄える美しいTraditionalなスタイルを得意とする広瀬氏と、伝統を守りつつも木工も歩んだ職人ならではの竹と木の融合を見せてくれる君山氏、この2人の別府竹細工職人に製作依頼しています。gadget+にしかない製品も多数存在します。

もちろん竹製品についても「モノ作りに対しては素人同然の私達が詳細な注文をしてもいい物はできない」と考えるgadget+では、あえて詳細な注文は付けず、熟練職人の技術やノウハウが最大限生かされることを趣旨としたスタンスで取り組んでいます。


kilimS_1.jpgkilimS_2.jpgキリムバスケットS
こちらは桜材を使ったフチの木工部位と、大分別府伝統の亀甲崩し編みの竹籠を組み合わせた竹トートバッグ。柿渋で染められたキャンバステープとの相性もピッタリ。こちらのSサイズはお客様のご要望にお応えして製作されたgadget+オリジナルになります。


■別府竹細工について
大分別府周辺は面積、生産量とも全国一のシェアを占めているマダケの産地で、別府市周辺ではその豊富な竹材を利用した竹工芸が盛んでした。しかし昭和40年代頃から安価な外国生産品が市場に出回り、徐々に竹細工職人が減っていき、現在では日本全国の竹製品の90%以上が外国製になっています。ですが、その美しさと質の高さは外国産製品とは比べようもなく、工芸美術品的扱や希少価値感により最近では欧米からの需要も高く、国内でも見直されてはいます。皮肉なことに、日常使う物として進化してきた物であるにも関わらず、そういった理由が、さらに狭き道(職人の減少、流通の低下)に進んでいることも否めません。


別府竹細工の主たる材料となる大分県内の真竹(マダケ)は面積、生産量とも全国一のシェア(栽培竹林の6割)を占めており、別府市周辺では豊富な竹材を利用した竹工芸が歴史的に盛んです。素材となるそのマダケは①伐採したままの青竹、②伐採後数ヶ月から数年間自然に枯らしたの、③ある程度炭化させたもの(炭化竹)、④火であぶったり、油抜き剤で油抜きをしたもの(晒し竹)、⑤家屋の屋根裏で数十年間囲炉裏や竈の煙で燻されたもの(煤竹)など、利用目的によって弾力性、硬さ、耐久性などが異なる様々な素材に作り分けられています。


trabas_1.jpgtrabas_2.jpgホームバスケット
縦に走る濃色の竹が炭化竹。最近は加工職人が減り入手が困難な材料だとか・・・個人的にこのコントラストには見る度に参ります。現物はほんと美しいですよ。


その素材を、別府竹細工の伝統技法として指定されている、「四つ目編み」「六つ目編み」「八つ目編み」「網代(あじろ)編み」「ござ目編み」「松葉編み」「菊底(きくぞこ)編み」「輪弧(りんこ)編み」など、地域に受け継がれる基本的な編組技術によって編み上げられていきます。これらは編組の組合せによって、200種類以上の編み方が可能になります。


kilimsimple_1.jpgkilimsimple_2.jpgキリムシンプルバスケット
桜材を使った美しいRを描くフチの木工部位と、六つ目編みベースのカゴの中央部のみ縦に竹ヒゴを通した差し六つ目編みとのコンビネーションバスケット。強度を保つ機能性で、編みの変化も美しい逸品。gadget+オリジナルとなります。

Date: 2010年05月13日

うすはりグラスのお手入れ方法

10081201.jpg10070901.jpg


うすはりグラスのお手入れ方法のご紹介です。


■洗う
・グラスを洗う時は、他の食器とは別にして中性洗剤などで優しく手洗いして下さい。研磨剤入りのスポンジ、クレンザー、金属たわしなどを使用すると、ガラスに傷が付き破損の原因になりますので、ご使用にならないでください。指輪などでもグラスに傷が付く場合がありますのでご注意ください。 食器洗い乾燥機は、機種により高温水でグラスが破損する場合がありますので、ご使用はお控えください。グラスの内側を洗う際は、十分にご注意ください。内側から力を入れてひねり洗いしますと、破損して思わぬ怪我をする恐れがあります。柄付きのスポンジ等のご使用をお勧めします。


■使う
急激な温度変化(特に急冷)でグラスが割れることがあります。ガラスが熱いうちに冷たいものを入れたり、濡れたところに置かないでください。ガラスに傷が付くと破損しやすくなります。ガラスどうし、あるいは硬いものとぶつからないように取り扱ってください。
強化ガラスは、耐熱ガラスではありません。急激な温度変化(特に急冷)で割れる恐れがありますので、電子レンジのご使用はお控えください。クリスタルガラスは、耐熱ガラス、強化ガラスではありません。大切にお使いください。


■しまう(収納)
洗浄後は、よく乾燥してから収納してください。グラスを積み重ねると、破損したり外れなくなったりします。やむを得ず重ねる時は、グラスの間に柔らかい紙などを間に挟んでください。長期間使用しないと環境によってはグラスが曇る場合があります。曇り・汚れが洗っても落ち難い時は、食酢などを加えると落ちやすくなります。


上記は一般的なガラス製品を扱う上での注意事項ですが、うすはりグラスはけっして「割れやすい」わけではありません。職人さんの手仕事による極限の薄さを実現した芸術的なグラスを是非お楽しみください。

Date: 2010年05月13日

Philanthropy

Philanthropyについて
当方とはプライベートなご縁があったことが始まりの、福岡県大川市所にある創業85年を誇る、歴史ある木材卸の店。
福岡県大川市は家具の生産高日本一を維持している家具生産の街。そこには地域で育まれた製作職人や、豊富な木材知識など様々なお宝が存在します。その街も近年の生活様式の変化や、低価格な外国産家具の流通など諸事情による需要の低下という[Made in Japan]の共通問題を抱えています。
そのような事情に対する問題解決法を模索する中でPhilanthropyは生まれました。gadget+と材木店で互いのアイデアを出し合い、高級輸入材ではあまり製品化されなかった小物アイテムを中心に製品化し「Philanthropy」と名付けて、皆様にご提案させていただいています。


以下、使用材木や加工等の説明をさせていただきます。


kakubon_1.jpgkakubon_2.jpg


使用材木について
■チェリー材(別名称:アメリカンブラックチェリー) 角盆角形トレイコースター
(上写真、褐色部がチェリー材)
主な産地:米国東部全域(ペンシルバニア、バージニア、ウエストバージニア、ニューヨークの各州)
主な特徴:心材は真紅から紅褐色まで様々な色で、光にさらされるとさらに濃くなります。
辺材は乳白色。木目は細かく通っており木肌は滑らかです。


■ウォルナット材(アメリカンブラックウォルナット) 角盆角形トレイコースターcard case
(上写真、濃色部がウォルナット材)
主な産地:米国中西部。植林と自然再生の両方が行われる数少ない樹種。
主な特徴:心材は薄褐色から濃褐色で時折濃い色のスジが入ります。
辺材は乳白色。木目は一般に通っていますが、時には装飾的な波状杢や縮杢などが入ることもあります。
主要用途:高級家具、建具造作、ドア、フローリングなどによく使用されます。

marubon_1.jpgmarubon_2.jpg


■コーヒーナット材 (coffee tree,coffee nut) 丸盆
主な産地:北米:ケンタッキー
主な特徴:非常に葉の大きい高木で、公園の陽よけの街路樹として植林された事もありますが、アパラチア西部のネイティブの人々は、実をローストしてコーヒーにしたり、nutsのように食べたりもしていました。木は、キャビネット、フェンスの柱や鉄道の枕木などにも使われ、ケンタッキーコーヒーツリーなどと呼ばれることもありました。
独特の赤味のある木目が美しい木ですが、日本において大量に輸入された実績がない、珍しい樹種ですので、小物での製品化はほとんどないかと思われます。


philo_01.jpgphilo_02.jpg


1枚板ものについて 丸盆コースター
北米産の広葉樹は、五大湖周辺から南下してアパラチア山系のテネシー州の北端から出材する木材の中から選ばれた材料のみを輸入しています。約80年〜100年前後の原材が製材され、しばらく自然乾燥させ、人口乾燥機にかけて含水率を8%前後まで落とした後、コンテナに詰めて船で大西洋を南下、パナマ運河を経て、太平洋を渡ってやってきます。実は8%含水率は過乾燥なのですが、パナマ運河を通過中にカビが発生する恐れがある為に、北米を出る時は過乾燥状態をキープするのです。
ある程度、日本の気候に慣らして使用しますが、大きく削り込んだり幅広く使用する場合、本来、木が持っている歪みのバランスが崩れて、変形する場合があります。また、片面だけが大気中に放置されたりエアコンの吹き出し口近くに置いたりすると凹凸が現れる場合があります。反対向きにすると直りますが、必ずしも原型に戻るとは限りませんが、お使いいただくのに支障があるような変形が残ることは稀です。その木が持つ木目と同様、ひとつのキャラクターマークとして可愛がってくださいね。


加工:NCルーター加工:角盆、丸盆共、お手入れがしやすいよう、内側の加工は適度なR(丸み)がつけてあります。見た目も美しいシルエットです。


フィニッシュ:加工⇒オイル塗装(ドイツ・Livos社・F☆☆☆☆)⇒ナノクリアス(耐久コート剤・F☆☆☆☆)


F☆☆☆☆(Fフォースター)とは?
JIS工場で生産されるJIS製品に表示することが義務づけられている、ホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すマークです。2003年3月21日の壁紙の日本工業規格(JIS)改正によって、ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表すために新たに表示することが決められました。壁紙「JIS A 6921」規格における改正のポイントは4項目あり「ホルムアルデヒドに関する基準取り決め」が主な内容となっています。F☆☆☆☆と表示されている建材や内装材だけが、建築基準法によって使用量が制限されません。F☆☆☆やF☆☆になると条件付きの使用や使用量の制限があり、F☆のものは内装材としての使用は禁止されています。

Date: 2010年05月13日

Big Dipper社の蜜蝋キャンドル。

10081001.jpg1211_bigdipper_4.jpg


蜜蝋は燃焼時に煤(すす)をほとんど排出せず 空気浄化作用もあるワックス(ろう)ですが、蜂蜜を70kg採取する際にわずか1kgしか採取できない貴重な天然資源です。アメリカの蜜蝋キャンドルメーカー Big Dipper社のアロマシリーズは その貴重な蜜蝋に天然アロマオイルを絶妙にブレンドした 完成度の高い 蜜蝋アロマキャンドルです。


[アロマシリーズ]( ) 内は配合アロマオイル
Clarity : ライムベースのすっきりとした甘酸っぱい香り。(ライム+メイチャン)
Harmony:優しいラベンダーの香りに甘みを抑えたゼラニウムをプラス。(ラベンダー+ゼラニウム)
Vitality:柑橘系の爽やかで優しい香り。(レモングラス+グレープフルーツ)
Rapture:ほのかに甘酸っぱさを感じさせるドライな香り。(パチョーリ+カシア)
Enlightmint:気分をリフレッシュさせるミントベースの香り(ベルガモット+ミント)
Meditation:心の落ち着く甘さの無いウッディな香り。(ローズウッド+シダーウッド)
Sensuality:甘みを抑えた落ち着きのある香り。(パルマローザ+ゼラニウム)
Rejuvenation :オレンジのほのかな甘さに程よいスパイスをプラス。(スウィートオレンジ+クローブバッド)
Radiance:甘い魅力的な香り。(イランイラン+タンジェリン)

Date: 2010年05月13日

曲げわっぱのお手入れ方法

10081004.jpg秋田の伝統工芸、曲げわっぱ。お弁当箱は、お米がおいしく食べれる!と評判です。でもお手入れが不安・・・という方は、こちらをご参考になさってください。


◎1段のお弁当箱は全て、内側が無塗装の白木仕上げとなっています。
[ご使用前に]
職人さんがしっかりと乾燥させた曲げわっぱはとても乾燥しているため、ご飯がこびりつきやすくなっています。最初の数回はご飯がくっつかないように内側を水でぬらし、ふきんで拭いてからご飯を入れてください。数ヶ月使うと内側の表面が自然にコーティングされて馴染むので、水で濡らさなくてもご飯がこびりつかなくなり、お手入れもずっと楽になります。無塗装なので油染みはつきやすくなります。染みもご使用を重ねるうちに馴染んできますが、気になる方はウレタン塗装と無塗装に分かれた二段のお弁当箱をおススメ致します。
[ご使用後は]
使用後は 「湯切り」 と言って気化熱を利用して水分の蒸発を促します。
まず、お湯で少しふやかしてからスポンジの柔らかな方でこすり洗いし、ぬめりが取れたら40℃〜50℃くらいの熱めのお湯ですすぎ、すぐに乾いたふきんで拭き取ります。最後に開口部を上向きにして風通しの良い所で何も被せずに乾かしましょう。ポイントは熱めの必ずお湯で洗い、曲げわっぱの容器は絶対に伏せて乾燥させないこと。これが黒ずみの原因となります。


◎2段重ねのお弁当箱:2段重ねのお弁当箱はおかず用とご飯用で仕上げが異なります。
ウレタン塗装がされてる方は、ご使用後は水かぬるま湯で洗い、油がついた場合には薄めた中性洗剤で洗ってよくすすぎ、ふきんで拭き取ってからしまって下さい。白木の方は1段のお弁当箱と同じです。いずれの場合にもたわしやクレンザー等は傷の原因となりますのでご使用にならないでください。また、濡れたまま蓋をして時間がたつと黒ずみの原因となりますので、外出先では十分に乾かせる環境のない場合には洗わずにお持ち帰りいただくことをおススメいたします。


◎ウレタン塗装された製品(リングカップビアカップアイスペールフルーツボウル
水をはじくのでお手入れは簡単!洗った後はすぐに水分を拭き取るだけでOKです。油がついた時は、中性洗剤を使って熱いお湯で洗ってください。


400年の伝統に裏打ちされた、確かな実用性を持つ曲げわっぱは上記の方法で大切に扱えば、永く愛用することができます。万が一、黒ずんだ!壊れた!という事態には当店にご相談ください。状態によっては、製造元で修理が可能です。

Date: 2010年05月13日

オープンしました!

10051301.jpg2010年5月13日、ついにgadget+がオープンしました。たくさんの方にご来店いただき、本当に感謝しています。
今日の午前中は「開店清祓」なるものもしてもらいました。神主さんに来ていただき、お店をお清めしてもらったわけです。画像はその時に使用した鯛。さすが!神事に使うものは立派です。こちらの鯛、その後、隣の大家さんにさばいてもらい刺身にして食しました。美味。
また、お花もたーーーくさん頂きました。ありがとうございました!


まだまだ準備不足で、至らない点も多々ありましたが、少しずつ改善していきたいと思っています。今日来てくださった皆様にも、まだの方にも、何度も足を運んでもらえるようなお店作りをしていきたいと思っています。末永いお付き合いを、よろしくお願いいたします。

Date: 2010年05月13日

タイル。

10050501.jpg10050502.jpg


making gadget+ その4。


棚板のあとは、ぐるっとタイルを貼りました。当初は、自分たちで貼ろうなんて無謀に思っていたのですが、やっぱり職人さんにお願いすることに。さすがの仕上がり。美しい!一気に店の印象が変わりました。(N)


やっぱタイルっしょ。25mm角ね。これもどうしてもやりたかったことであります。色はいろいろ考えましたが、やっぱ白っしょ。腰高1300mmでぐるり。失敗がひとつ。端合わせの為にカットしたりするんですが、その分の計算ミスで約100mm x 1300mmに渡りショート!タイルのオーダーは私。やっちまいましたな。プロのアイディアでいい感じでまとまりましたが。こういうのはやっぱプロに任せなきゃいけないね。ご迷惑おかけいたしました。そんなこんなで貼り上がり。あらやっぱいい感じじゃん!お店は皆さんの卓越した技術で出来上がります。(T)

Date: 2010年05月14日

お花

10051401.jpgお祝いのお花をたくさんいただいて、店の前がこんな感じになってます。通りのお客さんから「お花屋さんですか?」と何度か聞かれたくらいです。本当にありがとうございました。(N)


今回のショップオープンにあたり、多種多様の御祝いを地元の方を始め全国津々浦々よりかなーりいただきました。いや凄い量。お花は店頭だけではありませんよ。店内にもぎっしり。半端ないっす。おかげでお花管理の仕事がたいへんでしたよ(笑) 月並みな言葉ですが、「ありがとうございました。」  お店はみんなの愛で支えられています!(T)

Date: 2010年05月14日

壁の色。

10051501.jpgmaking gadget+ その5。


壁の色、どうするかずーーっと悩み続けました。色決めのデッドラインの日。ランチでカレーを食べながらの会議で水色に決定。カラーサンプルの色だけでは不安だったけど、塗ってみたらイメージ通りできれい!一気に爽やかな店になりました。(N)


壁色はまさに一か八か!塗り直しなんてできないもんで。始めは「白かな」なんて考えてましたが、なんだかな・・・芸無しやね・・・と思い出しましていくつか候補を挙げました。が、そう簡単に絞りきれません。そんなときふと、以前バイクのフレームを探していたときのことを思い出しました。イカすサックスブルーのフレームがありまして(手に入れる事は叶わずでしたが)そのイメージってのが最終案の本音です。一生懸命その色イメージとニュアンスを塗装チームに伝えましたさ。したらばやってくれました。イメージどおり!すげーなーみんな。お店はみんなの力でできあがります。(T)

Date: 2010年05月15日

店までのアクセス。

10051601.jpgお店を出て10歩いって、右を向くと海と山が見えます。THE長崎な風景です。夕方はとーっても気持ちがいいのです。


gadget+に来るには。。。
アミュプラザ(長崎駅)と夢彩都のちょうど中間点くらい、国道202号線沿いの電車通りです。元船町の松尾酒店さんの隣の水色のテントと白いタイルが目印です。


電車・・・五島町の電停から歩いて約1分。
バス・・・五島町のバス停から歩いて約2分。
車・・・長崎駅から来る場合、コナミスポーツクラブの前の信号を右折してください。右折してすぐに右手に100円パーキングがあります。

Date: 2010年05月16日

来週もよろしくお願いします。

10051602.jpg10051603.jpg


木曜日、なんて変な曜日にオープンしてから4日間。初めての土日営業も終わりました。
たくさんの方にご来店いただき、本当にありがとうございます。
オープン以来、店内も私たちもわちゃわちゃなってしまっていましたが、段々と落ち着いてきました!来週もお待ちしていまーす。


右の画像は、お友達が持って来てくれたカエルのお菓子。うちの店のアイコンであるカエルを食べるのは少し気が引けましたが、おいしかった!

Date: 2010年05月16日

カラフル。

10051701.jpg


今日は初めましてのお客様にたくさんご来店いただきました。プロモーション不足でまだまだ認知されていないgadget+ですが、少しずつ皆さんに足を運んでもらえるように頑張りたいと思います。


当店は輸入の日用品と国内の伝統工芸品を中心に扱っています。これからこのブログで紹介していきたいと思います。画像はTUBTRUGSの一部。色がきれいです。お好みの色を探しに来てくださいね。

Date: 2010年05月17日

竹工芸〜盛り皿〜

10051803.jpg10051801.jpg


今日は雨でしたね。gadget+営業開始以来、初めてのことで、雨対策にてんやわんやでした。
さて、当店の取り扱いアイテムのご紹介、今日は竹工芸をご紹介します。


竹工芸は大分県の伝統工芸品ですが、近年では中国産のものや安価な輸入製品が市場に出回っています。職人の手でひとつずつ丁寧に制作されたものは、1つの製品ができあがるまでに膨大な手間と緻密な技術が必要とされるために、生産数も少なく高価になるので、どうしても安価な輸入ものに押されがちだったのですが、本物はやはり作りが違います。竹も美しいし、編み目や継ぎ目がとてもきれいで、まさに職人の技が光る逸品なのです。
当店では大分の竹職人さんにお願いした商品を取り扱っています。画像はその中の一部、「盛り皿」です。左が「八つ目編み」、そして右側は伝統的な「鉄仙編み」です。
a little actのN夫妻が持って来てくれたそら豆を乗せてみました!後から来たお客様に「うわっ、本物だっ」と驚かれました。
竹工芸の美しさ、ご来店のうえ実際に手に取って感じてみてください。


bamwood d&w
左:盛り皿_八つ目編み(φ約300mm) ¥ 7,000-
右:盛り皿_鉄仙編み(φ約240mm)  ¥ 8,000-
 ※鉄仙編みはφ約300mmもあります。 ¥ 9,500-

Date: 2010年05月18日

カウンター

10051903.jpg10051904.jpg


making gadget+  その6。


5坪のお店をどう作るか悩んだあげく、カウンターを作りました。すっかり飲み屋風味で、近所の人からは飲食店ができると思われていたようです。バックヤードがないgadget+。カウンターの内側は貴重なストックスペースになるはずが、かっこいいカウンターになったために前面もこんな感じに。中が丸見えですー。何も置けません。どうするんでしょう。でも見た目が命、あとはどうにでもなる、ってことでGOです。(N)


カウンターです。イカす飲食店やバーにはつきもの。物販育ちの私にはちょっと憧れでしたな。そんな理由もあって今回導入。オープンして使っていくとやっぱ飲み物くらいは出したいな・・・とよこしまな気持ちがちらほら。そのうちやね。
製作話としては、大きさと位置と大まかな材質だけをこちらからオーダー。何度かは打合せしましたが、この頃になると製作チームには普通に信頼感もってたんで、不安よりも「どんなかっちょいいヤツできてくるんだろ」と期待が大きかったな。したらばやってくれました。なんか照れくさくなるくらいのヤツがポン。さすがです。お店はみんなの力で出来上がります。(T)

Date: 2010年05月19日

BIG DIPPER

10052001.jpg10052002.jpg


今日も朝から雨でしたね。夕方からは晴れてきましたが、これからは梅雨の季節。雨の日は外出も億劫になり気分が滅入りがちですが、そんな時はお部屋でBIG DIPPERの蜜蝋キャンドルでリラックスタイムよろしくです。


現在、市場で売られている多くのキャンドルは石油を使ったパラフィンワックスが使用されています。このBIG DIPPER社のキャンドルはハチミツ70kgに対して 1kgしか採ることが出来ないと言われる大変希少でナチュラルな原料100%のビーズワックス(蜜蝋)を使用し、一つ一つ大切に手作りされています。
蜜蝋キャンドルは燃やした時に出るすすが少なく、ハチミツのように優しく甘い香りとともに、空気を清浄してくれるのです。当店でも営業中にこのキャンドルを使っているのですが、お客様からよく「いい匂い〜」と言われます。
ビーズワックスそのままの香りが楽しめるナチュラルと、ピュアエッセンシャルオイルをブレンドした9種のアロマセラピーシリーズがありますので、お好みの香りを探してくださいね。


サイズもいろいろあります。
アロマシリーズ S:¥ 1,260 M:¥ 3,675 L:¥ 5,775
ナチュラル   S:¥ 1,050 M:¥ 3,360 L:¥ 5,460
Mサイズには詰め替えがあってリピーターの方に便利! ¥ 2,100

Date: 2010年05月20日

大川の木工〜丸盆

10052101.jpg家具で有名な福岡県大川市。市内にはたくさんの家具屋、そして材木店が軒を連ねます。その中で大正元年創業の歴史をもつ井上材木店さまにご協力いただいて制作したガゼットプラスオリジナルの丸盆です。


こちらの丸盆、なんと1枚板から作られており、どこにも継ぎ目が見当たりません。木目の美しさを存分に生かしたデザインで、とーっても美しい!コーヒーナットを使用しています。木のお盆は数あれど、このような丸盆はなかなか無いのではないでしょうか。すでに好評いただいています。サイズは3種類ありますよ。


philanthropy 丸盆(コーヒーナット)
S : ¥ 3,465- (φ200mm) M : ¥ 4,200- (φ250mm) L : ¥ 5,250- (φ300mm)

Date: 2010年05月21日

ガラス。

10052106.jpg10052105.jpg


making gadget+  その7。


ガラスが入りました。初めて見るガラスの取り付け。強烈な吸盤のようなもので持ち上げてはめ込むんですね。作業は超慎重。全員が緊張の一瞬です。
このガラスが入ったことにより、カウンター設置とのダブル効果で「いけす」に見えるようで、飲食店風味がさらにあがることに。魚は泳がせませんから。水槽ではありませんよ。
ドアも入りました。やっぱりピカピカのガラスはいいですねー。ちゃんと毎日磨いて掃除しなければ!と思いました。(N)

Date: 2010年05月21日

角盆入荷しました。

20052203.jpg20052204.jpg


昨日ご紹介した大川の丸盆。本日、角盆が入荷しました!
こちらは丸盆と違って、ウォルナットとチェリーの2種類の材質を組み合わせて作っています。1枚板も魅力的ですが、このボーダー柄も負けず劣らず魅力的です。また、同じサイズのお盆は重ねるときれいにスタッキングもできる優れもの。こういうディテール、大好きです。
早くお店でコーヒーを飲める環境にしたいなーってことで、この角盆にホーローのポットとマグカップをのせてみました。デデンっと乗っかっているコーヒー豆は、昨日遊びに来てくれたT氏がお祝いで持って来てくれました。コストコで買ったそうです。アメリカ〜ンなサイズです。ありがとうございました!


写真左:
philanthropy 1本線角盆M ¥ 5,775-
Emalia OLKUSZ CoffeePot ¥ 3,885- Mugcup S ¥ 735 / M ¥ 945
ZAVIDA Coffee豆  ¥ priceless


写真右:philanthropy
角盆M(250×350×10mm) 1本線 ¥ 5,775-  ボーダー ¥ 5,145-

Date: 2010年05月22日

ドイツの魔法瓶。

10052301.jpg10052302.jpg


今日も凄い雨でしたね。大雨洪水警報が発令されてたようで。そんな中、お店に来てくれた皆様、本当にありがとうございました!
さて本日はHELIOS社の魔法瓶をご紹介します。トリコロールカラーになっていますが、おフランスではなく、ドイツの商品です。1909年に創業されたHELIOS社はシェラトンやヒルトンなど一流ホテルほか、ルフトハンザなどフライト社にも採用されるなど、その品質もお墨付きです。 こちらの魔法瓶の内側は、ソーダ石灰ガラス。保温効力は、 40℃以上(約24時間)、60℃以上(約10時間)です。カップに取っ手がついているのも、とーっても便利です。サイズは3種類。小さい方から250ml・500ml・750mlの容量です。
最近、弁当男子に続いて「水筒男子」なる言葉もあるらしいですね。会社に水筒を持っていく方が増えているとか。「スカート男子」だけはよくわからないワタクシです。

 
Color : Blue/White/Red
Price : S ¥ 1,890 / M ¥ 2,100 / L ¥ 2,310

Date: 2010年05月23日

削り出し祭り!

BMW%20pedal.jpgkakubonn_stack.jpg


この2枚の写真にはある共通点があります。左はBrooklynMachineWorks (ニューヨークの自転車屋さん)のペダル。もちろん商品ではありませんが、たまりませんな。右は先日アップした大川の角盆です。スタッキングできます仕様です。この写真だけではその共通点は見いだせませんが、答えは削り出し。なんてグッとくる響き。私のバイクのペダルだけに適用されている技術かと思ってたら大間違いでした。(冗談)ぴしゃりとスタッキングできるとこまで手作業での削り出し。ちなみに先日アップした大川の丸盆も削り出しでございます。(スタッキング仕様ではありません) やってくれます。ちなみにこの角盆、Walnuts材とCherry材のコンビネーションです。いい!

Date: 2010年05月24日

TUBTRUGS

10052402.jpg10052401.jpgお店の前にドドンと積んでいる、色とりどりのバケツ。イギリスからやってきたTUBTRUGS(タブトラッグス)といいます。もともと園芸用のバケツだったのですが、使う人によって用途が無限大に広がる便利な逸品です。
リサイクルポリエチレンを100%使用しているので、丈夫で柔軟性・耐熱性にも優れています。色もとってもカラフルで、どれにするか迷っちゃいそうです。サイズもS・M・Lの3サイズに浅型のシャローと用途や好みに合わせてお選びいただけます。
そしてこのバケツ、別売りのふた(TUBTOP)があって、これを使うとスタッキングができて本当に便利!「スタッキング」って言葉、最近当店のツボwordです。
キッチンに、リビングに、クローゼットに。はたまた子どもさんのおもちゃを入れたり、ランドリー入れに。う〜ん、いろいろ使えますね。まずは1つ使ってみてください。TUBTRUGSの魅力にとりこになってしまいますよー。


TUBTRUGS  S:¥ 1,260 / M: ¥ 1,470 / L: ¥ 1,680 /SHALLOW ¥ 1,260
TUBTOP(ふた) S:¥ 945 / M: ¥ 1,260 / L: ¥ 1,575
COLOR: Yellow/Pink/Red/SkyBlue/Purple/Orange/Green/Blue/Brown

Date: 2010年05月24日

Happy Birthday!

10052501.jpg10052502.jpg


今日は閉店後、いつもの友人達とお店の近くで会合。何日か前にK氏の誕生日だったってことで皆でお祝いしました。お店をオープンしてからノンストップで営業中だったので、こういう気心知れた友人との飲み会は実に楽しく。全員が思い思いに喋るスタイルも最高です。話がとっちらかりまくり。


主賓のK氏の愛息、Rくん。会う度に成長著しく、勝手に私たちもその成長を見守っているとことです。しかしやはり最近の子は、iPhoneもびっくりするくらいスムーズに操作しちゃうんですね。衝撃でした。タッチパネルの扱い具合、私たちよりサマになっています。


お店には大好評の大川の木工製品が、丸盆角盆に続いて新製品が入荷しています。また竹工芸もすぐにSoldOutになってしまった商品が再入荷しております!是非お店に遊びにきて素晴らしい工芸品を手に取ってみてくださいねー。

Date: 2010年05月25日

Lighting

10052104.jpg10052103.jpg


making gadget+  その8。


照明。これも相当悩みました〜。こればっかりは現物みないとイメージわかんよね、ってことで、福岡へ。いいねーってものはあったのですが、あまりに高くて予算オーバーのため断念。だけどショールームなどでイメージだけは掴めたので収穫ありということで、自宅に帰ってネットで検索しまくりました。あまりに膨大な照明のカタログを見ながら、何度も眠気に襲われ危なかったです。そんなこんなで決めたこの照明。取り付けが素人には無理だったので電気屋さんにお願いを。そしたら取り付け口が国産のものとは少し違ったために、電気屋さんにかなりの苦労をしいてしまいました。
ひとつひとつが大変です。。。

Date: 2010年05月26日

竹と木と。

10052601.jpgblogup_bw.jpg


当店がお願いしている竹職人さんは「木」も扱えるお方。というわけで、竹×木が組合わさった珍しい商品があります。写真左の「キリムバスケット」。外から見えるガラスのところに置いているのですが、よくお客様からお問い合わせを受けます。
竹の柔軟性を損なわずに木を組み合わせるには相当な技術がいるそうです。制作者が試行錯誤の末に辿り着いたのが「曲げ木」の技術を使うこと。初期のプロトタイプから、なんと4年の歳月をかけて最適な材種、条件、コスト低減を計り製品化に至ったとか。
木はサクラ、ハンドル部分は柿渋でムラ染めしたものを使っています。とっても持ちやすいです。一生もののバスケットとして末永くお付き合いしていただきたい逸品です。


そして、もうひとつ。写真右はホームバスケット。こちらはタオル、画材、おもちゃ入れ等々、色々と使いみちがありそうですね。底にはコルクが敷かれています。竹の美しさにほれぼれとしちゃう商品です。縦に走っている竹だけ色が濃いのです。これは竹を炭化させているそうで、これがまたいい味を出しています!


bamwood d&w
キリムバスケット  ¥ 34,000- (W432/D250/H230mm)
ホームバスケット M(φ220/H260mm)¥ 20,000- / L (φ280/H300mm)¥28,000-

Date: 2010年05月26日

テントとシャッター

10052701.jpg10052702.jpgmaking gadget+  その9。


お店の場所は昼間は日が差し込まないんですが、ビジュアル面重視でテントを設置することに。この色もずっと悩んでいたんですが壁の色を水色にしたので、テントも水色にしてみました。
素材が違うので、壁の水色と統一感を出せるか心配だったんですが、ばっちり!


ということで、赤だったシャッターも水色に。ドミノ方式で、床部分の水道管の蓋も水色にしてしまいましたとさ。(写真右の右下です)

Date: 2010年05月27日

曲げわっぱ

10052802.jpg10052803.jpg


今朝、出勤前に銀行へ行く途中、近所の中華屋さんのおじさんの口笛が聞こえてきました。クリアな音色で空気の混じったようなひゅうひゅう感がなく、それはそれは美しい口笛。聞いたことのあるメロディだけど、何だっけ?と考えること数秒。
高校サッカー選手権のテーマソングでした。ふーりーむくなよー うつむくなよーってやつです。ワールドカップが近いからですかね?なんだか朝からアツい気持ちになりました。


というわけで、アツいアイテム。当店で扱う伝統工芸品のひとつ、秋田の曲げわっぱです。
美しい自然杉で作られる曲げわっぱは、今から400年前に武士の手内職として発達し、現在まで受け継がれてきました。
最近、雑誌の「お弁当特集」でよく見かけますが、わっぱのお弁当箱、なぜ良いかというと、余分な水分を吸収して食べ物が傷まず、お料理の味が変わらずしっかりして美味しいのです。また、木は電熱性が弱いので冷めにくく、冷めてもカチカチ固くなることはありません。
白木は扱いにくいと思っていらっしゃる方が多いようですが、熱めのお湯で洗って、布巾で拭いたら内側を上向きに干しておくと気化熱で水蒸気が飛び、手間要らずで乾いてくれますよ。
不安な方は、コップ等も扱っていますので、そちらから使ってみるのもいいかもしれないですね。またギフトとしても気が利いてて喜ばれそうなアイテムです。


曲げわっぱ お弁当箱 ¥ 9,450 〜 ¥ 13,650
※写真の1段の他に2段の商品もあります

Date: 2010年05月28日

今日の頂き物_001

0529_tamago.jpg開店して早2週間余、開店時ならともかく未だに頂き物が絶えません。すばらしい。で、今後は頂き物をちょくちょくUP。
本日は昼も夜もお世話になります五島町のレストラン・バーDIMPLESさん K様よりタマゴを頂きました。ポリ袋にころんと小振りなかわいいヤツが4個。「とてもうまいらしいです」とのこと。うまい店のオーナーが言うんだったらうまいっしょ!
ここでDIMPLESさんの事を。最近リラックスを唱いながら、ちっともリラックスできない気取ってスカした店がもてはやされております。どこも似た感じな上に、作られた感、背伸び感バリバリで痛々しいばかりです(毒)。が、ここは違いますな。食いもんはもちろんうまいし、ライフスタイルをリアルに感じさせる音やオブジェの数々、なんてったって愛のあるイージーな空気感が最高です。大人な店やね。オーナーをはじめ、スタッフの人間性なんでしょうな。勉強させていただいております。そんなお店ですのでみなさんも行ってみましょー。[ 長崎市五島町2-15 tel:095-827-8370 ]
で、うかれて帰ると来店されていたお客様が、「それは烏骨鶏のたまご」だと。期待がさらに膨らみますな。したらば今度は嫁の友達これまた五島町のAちゃんがタマネギとジャガイモ持参。この娘はいっつもなんかもってきてくれます。ありがたいね。
野菜や果物などは竹ザルにのせると絵がいいもんで、頂いたら普通に店頭に飾らしてもらってます。もちろん帰りは忘れず持ち帰り、しっかり自分のお腹を育ててます。

Date: 2010年05月29日

candela

10052902.jpg10052901.jpg


店頭の商品の間にこっそり佇むライト、candela(キャンデラ)という商品です。
まるでキャンドルのような温かい光を発しながら、LEDを採用しているので熱くならずに火災の心配もなく安全に使えるライトなのです。
充電式で繰り返し使えるのも大きなポイントですが、この充電台がまたスマート!台に置くだけでひゅっと充電してくれるわけです。約14時間のフル充電で7〜8時間点灯してくれる頑張り屋さんです。
我が家も2年くらい前から使っていますが、昼間に充電しておいて、寝る前に寝室からトイレまでの道のりに点々と置いてます。これで暗がりの中をつたい歩きして、カドに足の小指をぶつけてうずくまることも無くなりました。
写真はGlowシリーズの4本セット。こちらは別売りのカラートップを使えばまた違った雰囲気を楽しむことができます。他にこの半分くらいの大きさのDemi Glow、そしてでっかいサイズのLuauがあります。パッケージもすごくかわいいので、ギフトとしてもおすすめです。


OXO candela
Glow4本セット ¥ 15,750- / 2本セット ¥ 10,500-
カラートップ ¥ 840-

Date: 2010年05月29日

School Wall Clock

10053007.jpg


掛け時計でバシっとくるものがなかなかないなぁーと思ってたんですが、見つけました!
これ!!Chicago Lighthouse社のものです。アメリカの公共機関、学校、郵便局、軍のベースや警察、刑務所にも納めている由緒正しい、本物の製品です。シンプルで見やすくて、丈夫。そんでもって字体、作りともにアメリカの匂いがプンプンするClockで、ワクワクしちゃう逸品です。
写真は12時間表示のものですが、他に24時間表示もありますよ。「MADE IN USA」の文字がまぶしいぜ。


School Wall Clock ¥ 10,290-  φ324mm 厚さ約40mm

Date: 2010年05月30日

室外機カバー。

10052703.jpg10053004.jpg


making gadget+  その10。


棚板もしゅっとキマった。タイルもきれいに貼られた。カウンターもかっこつけた。・・・でクーラーの室外機をどうするかっという問題です。お店の構造上、どうしても表のどこかに設置しなければいけません。職人さん達に相談した結果、凄いものを作ってもらいました。カウンターの雰囲気そのままの室外機カバー!3つの穴はテントとシャッターの棒を収納するため。この棒たちの収納場所も困っていたので助かりました。
しかも、うまい具合に商品のディスプレイ台のようになっています。
これを作っている時、通りかかったおばさまからも、「あら、そのアイデアいいわねー。いくらぐらいで作ってもらえんの?」と聞かれた密かに自慢の逸品です。

Date: 2010年05月31日