2010年12月 Archive

大魔神クロス。

10120101.jpg10120102.jpg


「業務用」とか「プロユース」って言葉についつい反応してしまう方、多いのではないでしょうか。今日、ご紹介するのはスウェーデン発のVikan社のガラス拭きクロスです。マイクロファイバーのクロスはどこにでもありがちですが、こちらのVikanのクロスは他とはひと味違います。繊維がものすごーーーく細分割されており、そのエッジを利用して汚れをしっかりかき取ってくれます。当店もガラスが多いので、掃除が大変なんですが、このクロスを使ってから、いや、びっくりするくらいキレイになるんです。洗剤は不要で水で少し濡らして使います(濡らさなくてもピカピカになりますが)。拭き後やケバが全然残りません。お値段はクロスにしては少しお高いわ・・・という気もしますが、500回洗濯しても同じ威力を発揮するので、エセマイクロファイバーを使い捨てのように使うくらいなら、こちらのほうがモトが取れます。ガラスの他にも鏡、ステンレス、アクリルなど色んなものに使えます。年末に向けて大掃除をされる方も多いと思いますが、こちらのクロスがあれば百人力〜。ショップの方は、毎日のウィンドウのお掃除に。ご自宅で使う方も、このクロスがあればグッとお掃除が楽になりますよ。通常、業務用で販売されているそうなので、なかなかお目にかかれない逸品です。店頭にサンプルを置いていますので、気になる方はお声かけください。目の前でこの大魔神っぷりを見てみてくださいねー。


Vikan ラスタークロス ¥ 1,890-
Size : 400×400 mm  Color : Gray/Orange

Date: 2010年12月01日

U.S.A Envelopeシリーズ。

10120201.jpg10120202.jpg


アメリカおなじみの強い紙で作られたEnvelopeシリーズ。地味にコツコツ売れてます。A4サイズが入るもののバリエーションは3種類。以前もご紹介した社内便に、ノーマルなもの、クリップがついて繰り返し使えるものです。独特な色合いが日本のものとは一線を画し、使うアナタの個性を演出してくれます。私も使うたびに、少々もったいないなぁという気持ちはありつつも、これを使い出すともはや茶封筒がドン臭く見えてしまうのです。こちらの封筒達、一応ノリのようなものがついているのですが、気軽に舐めてしまうと舌が痺れる可能性があるらしいので気をつけてください。さすがアメリカン!!そして何かと便利なミニサイズ。当店のコインケースがちょうど収まるくらいの小さなものですが、ポチ袋的な使い方ができてかわいいんです。しかし、このミニサイズ、ちょいちょい歪みが見られます。おーい、アメリカ人!って感じですが、そこもご愛嬌、ということで愛すべき逸品なのです。


U.S.A Envelope 全て6枚1セット
社内便 ¥ 630- / クリップ付き ¥ 420- / クリップなし ¥ 315- /ミニ ¥ 105-

Date: 2010年12月02日

NEO ボンボン

101203_01.jpg101203_02.jpg
ボンボンといっても不景気どこ吹く風、毎晩飲み明かすボンボン君の事ではなく、ニットキャップのアタマについてるボンボンのことですが、寒さはこれからという事で 先週大量入荷したLiga felizも ニットキャップの割合を多めに入荷しています。今回はそれらの中でも鮮度が高い一品をご紹介。写真でわかる通り、もはやこれはボンボンではありませんが(NEOとか言っておきながら・・・)とても美しいわけですよ。頭のオブジェだけでなく、下部の仕上もカラーネップを効かせて ほらこの通り。全ての製品がハンドメイド&ワンオフという事で やっつけ仕事もたまにはありそうなものですが、Liga feliz さんはそんなこと全くありませんな。ヘッドウェアのバッティングはけっこう凹むものです。そんな心配もなく、楽しくかぶれる Liga feliz のヘッドウェアは個性的なものばかりです。ぜひ種類が揃っているうちにご覧下さい。


Liga feliz Knit cap ¥ 9,000- (税込)

Date: 2010年12月03日

Eleganceがエレガントに。

10120501.jpg10120502.jpg


「Elegance」という、その名の通りにエレガントな佇まいが素敵なドイツの魔法瓶。一番人気の500mlが再入荷しました。ヘリオス社の製品はどれも中がガラスなので、ちょっと怖いわぁーという方が多いのですが、今の季節、おうちで入れたコーヒーを職場に持って行きたい時に、ステンレス製のものよりもガラスのほうが着色が少なくおススメなのです。
こちらの魔法瓶、右写真のようにスクリュー型式のフタ(白い部分)をくるくると回して緩めて飲み物を注ぎます。ここで若干の問題が・・・このフタなんですが、長さが短めなので、緩め加減に慣れるまでは少し難しいかもしれません。ちょっとしか緩めないとあまり飲み物がでないし、ゆるめすぎるとフタがコップに落ちてしまいます。最初はフタを手で押さえながら、一番いいゆるめ具合を探してくださいね。ちなみに私達はフタを完全に外して注いでいます。完全に外すと注ぎ口もハッキリ現れますし。これが答えかもしれません。大きめの750mlもカラーが勢揃いしています。是非店頭でご覧ください。


Helios Elegance
500ml ¥ 2,100- / 750ml ¥ 2,310-

Date: 2010年12月05日

+[プラス]のウンチク

1207_1-1.jpg1207_1-2.jpg


帽子マニアのみなさん、こんにちは。今回はLiga feliz 特集!と、その前に、そもそも日用品屋になんで帽子の取扱いが?と思われる方がいらっしゃるようなのでその理由を。当店の名前gadget +、gadget の語意は「気の効いた小物」的な意味があるので実用品主体の商品構成は問題ない所です(正直言うと、命名には他の理由がデカイのです)が、+[プラス]っていうのもミソでして、主体のgadgetに負けず劣らずなんだけどグッとくるいいもの、世の中にたくさんあります。私達の力量でそれら全てをカバーなんてとてもとてもできませんが、たくさんあります。そんな日用品の括りに収まらない私達が好きな物、好きな人々が関わる製品を加えましょ。みたいな感じの商品が+[プラス] なわけです。Liga feliz の上原一家、とてもいいヤツらです。製品も半端ないっす。て言うのが理由です。ちょっと大雑把ですが・・・。
さて本題ですが、Liga feliz にしては珍しい(?)ソリッドなキャップ。ミリタリー?ワーク?どちらにも捉えられるナイスなキャップです。ディティールは多少違いますがウール素材のアイテムもございます。裏地のリンゴ柄も含め、是非店頭でご覧下さい。


Liga feliz Twill M/W Cap ¥ 16,000 -

Date: 2010年12月07日

特集なので・2

1207_2-1.jpg1207_2-2.jpg


帽子マニアのみなさん、こんにちは。今日はLiga feliz 特集なので2発目いきます。今回のアイテムはちょっとおススメ度高いです。キャスケット?ではないよな・・・バイザー付きの大きめのベレー帽?・・・Liga feliz らしい括りのムツカシイ一品ですが、なかなかの鮮度です。もちろん男女問いません。無地の生地を使った同型商品は完売していますが、ざっくりした白いローゲージのニットウェアなどと合わせるときっと素敵なことでしょう!おっと、半端な服屋っぽい陳腐なコメントしてしまいました。コメントはぬるいですが、商品はかなりいい感じですので、お店でお試しください。


Liga feliz Wool N/C  ¥ 13,000 -

Date: 2010年12月07日

特集なので・3

1207_3-1.jpg1207_3-2.jpg


帽子マニアのみなさん、またまたこんにちは。今日はLiga feliz 特集なので3発目いきます。いまさらですがLiga feliz の製品はすべてHand made & One Off。完全な1点ものってことです。今回のアイテムは、かっくいーハット。最近のしゃれた兄さん姉さんはこういうの、かっこ良くかぶってますな。うらやましい。生地は Harris Tweed のガンクラブチェック。うーんトラディショナル!イギリスの匂いがプンプンします。それをぶち壊すような腰まわりの赤いリボン。マインド的には正にパンク。イギリスの正統文化に対するカウンターカルチャーはパンク。アメリカの正統文化に対するカウンターカルチャーはヒッピー。スタイルこそ違えど、共にマインドは大好きな私。何の話が始まってる!?この話はうーんと長くなるのでこのくらいにして、このリボンは裏地と共地です。ひっくり返すと真っ赤です。お店で見てやってください!


Liga feliz Harris Tweed P Hat  ¥ 18,000 -

Date: 2010年12月07日

おすすめギフト_003

1208_1-1.jpg1208_1-2.jpg


ギフトシーズン突入です。大人相手のギフト、相手に喜んでもらいたいと、とても考えますね。とても悩みますね。これ、結局自分の為です。てことは自分が納得したもの、欲しいものを選ぶのが基本です。と、当方考えています。そんな大人相手のギフトとしてこれはかなりのおすすめ品です。Philanthropy の角盆。雰囲気だけならもっと安い素材使って、薄くして・・・とか色々策はありますが当店は逆行しました。動機は長く使うものとして、「木」というものをもう一度堪能して頂こうという想いから です。高級家具を中心に使用される北米産の輸入材、アメリカンブラックチェリーとアメリカンブラックウォルナット、使っちゃいました。仕上加工のオイルもドイツ・Livos社の最上位規格品[F☆☆☆☆]使っちゃいました。ナノクリアスという木目を生かす耐久コート材も最上位規格品[F☆☆☆☆]を使っちゃいました。日本の熟練職人が手がけたものですが日本のものとは思えない。だけども、海外ではできない製品だと思います。「人にあげるのなんかもったいないよ」その思いが頭をよぎれば最高のギフトとなること間違いなしです。
写真のようにテーブルウェアとして琺瑯製品と非常に仲がよろしいのですが、他にもステーショナリーツールなど、みなさんのアイディアでいろいろ使いこなしてほしいと思います。一回り大きいLsizeもございます。


Philanthropy
角盆 ボーダー size M [size : 250×350×15mm] ¥ 5,145 -
角盆 一本線 size M [size : 250×350×15mm] ¥ 5,775 -
全てMade in Japan


emalia OLKUSZ
Coffee Pot Size : 190×H210 mm 1.4L ¥ 3,885 -
Belied Mug 350ml ¥ 945 -
Mixing Bowl 250ml ¥ 945 -
全て Made in Poland

Date: 2010年12月08日

おすすめギフト_004

1209_1-1.jpg1209_1-2.jpg


昨日に引き続き今日も大人に効けるギフトアイテムのご提案。400年の伝統を誇る、秋田大館 まげわっぱのビアカップ S!当店取扱いのまげわっぱは、お弁当箱に代表される円柱型のものと、カップやアイスペールなどの円錐型のものの2種類に大別できます。知名度では断然お弁当箱なのですが、実は後者の円錐型の製造が難しく、製造できる職人も限られます。というわけでこのビアカップはモノにうるさい御方も納得なはずです。生ビールならば大きめのグラスがいいとは思いますが、家に生ビールサーバーなんてそんなにないし、このきゅっといける190ccサイズも魅力です。瓶ビールなら雰囲気倍増です!(ちなみに右写真にある瓶ビールは俗に言う小瓶です。オープンの時にいただいたベルギービールで うまそうなんですが何となくなかなか飲めず、ずっと飾ってます。年内には飲む!)あと、わっぱのカップは氷を入れたときの音もナイスですよ。あ!ビールに氷をいれるのはフィリピン飲みっていうらしいです。昔ろくでもない大好きな先輩に教わりました。普通ビールに氷は入れないと思いますので水割り系いかれる御方には、もう一回り大きいビアカップ Lをおすすめします。名前はビアカップですがこちらは幅広くご利用できます。グラスとはひと味違うナイスな音と 優しく香る杉の香りが いつも飲む安い焼酎を上品なものに変えてくれてます。ちょっとお得す。


曲げわっぱ ビアカップ S [size : φ62mmxH98mm] ¥ 3,675 -

Date: 2010年12月09日

業務連絡!?

1209_2-1.jpg1209_2-2.jpg


緊急告知す!Liga feliz さんに無理言ってさらに帽子入荷!!今回は20個越えで本日夕刻到着。お早めのチェックでどーぞ。とりあえずのご報告でした。写真は一部。雑な撮影でスミマセン。


Date: 2010年12月09日

おすすめギフト_005

1210_1-1.jpg1210_1-2.jpg


今日のおすすめギフトはコレ。Philanthropyの名刺入れ。
新年から心機一転をねらい、年がかわるこの時期のギフトとして、タイムリーでなかなかいいんじゃないかと。名刺はやはり大切な個人の切り札。気持ちを込めてお出しする事が一番大切な事ですが、その気持ちに答えるツールとして名刺入れも気を使っておきたいものです。もちろんハンドメイドなので一個ずつ微妙ながらも違いがあり、さらに木製ってことで色や木目なども違います。木材はアメリカンブラックウォルナット。十人十色、妥協無しの名刺入れ、ギフトにもってこいです。

余談ですが、ワタクシも使わせていただいているこの名刺入れ、実は頂き物で そのときはえらく喜んだものです。このスタイリッシュさに負けないために スマートに出せるように出し方を何度も練習しましたよ。それが始まりで商品化した次第です。(大事につかってますぜ)


Philanthropy card case [size : φ62mmxH98mm] [名刺入れ]  ¥ 2,940-
size 58×97×8mm [55×91mmの名刺サイズに対応します]

Date: 2010年12月10日

おすすめギフト_006

1201_luau_1-2.jpg1211_luau_1-1.jpg


今日のおすすめギフトはコレ。と、言い切りたいところなんですが単価が3万超え・・・なかなかギフトとしては・・・なんですが、ご夫婦や同居されてる方々同士でお互い使うものだから・・なーんてゴリ押し的な、ギフトの本懐ぶち壊すような発想でいかがっしょ。モノは素敵度満天!雫型のデザイン、36個のLED球を使い、7段階の照度調節機能、この大きさで電源コードいらず。置いても、吊ってもOK。プラスチックの本体製なのでガラスのランプのような破損の危険も極小。それでいてほっこりな光り方[ボキャブラリー不足でお恥ずかしい]で高級感は維持。至れり尽くせり。おまけにLuauは姉妹品Candela glow とは違い、充電台に乗せたままでの点灯が可能。[Candela glowシリーズは充電中は点灯不可]ということはルームランプとしても使用できるということです。これだけのグッドポイントを持つこのランプ、今年は2人でこれをクリスマスギフトといたしませんか!


OXO Luau [size:φ約230×H約370mm weight:約1.2kg] ¥ 31,500

Date: 2010年12月11日

おすすめギフト_007

1214_1-1.jpg1214_1-2.jpg


みなさまこんにちは。今日のおすすめギフトはコレ。鉄製key ring。
この製品は鉄でできているので 重量感がいい感じで、プラスチック等 樹脂系にはない質感があります。そいでもって ペンキで色を乗せているので がちゃがちゃ使用しているとペンキが剥がれてくるのですが、その剥がれ方も レトロなおもちゃっぽく なかなかいい雰囲気を醸し出します。鉄製ならではです。田学芳もよく言ってます。「やっぱりいいなー鉄製は」と・・・
質感もよく 色もキレイなうえに、左写真の商品の一部には ちょっとしたギミックが、右写真の商品の全てはLEDランプ内蔵で 「光るならここだろう」と思うところが光ります。用途もバッグのチャームなど キーホルダーとは限定されません。みなさまのアイディアが生きる 貰って嬉しいkey ring、ちょっとしたギフトにおすすめでございます。


Key Ring 各種 ¥ 840 〜 ¥ 1,575

Date: 2010年12月14日

Keol Ashtray

1214_2-2.jpg1214_2-1.jpg


愛煙家の皆様こんにちは。最近風当たり辛いっすねー。値上げも効けましたねー。それらの理由に加え 年齢も考慮してワタクシもさすがに節煙ですよ。目標は3日で一箱とブチあげてます!達成件数0件・・・ですがもうちょっとがんばります。そんな愛煙家のわたしですがやはりマナーには気をつけなければと思ってます。投げ捨てなんて飲酒運転並みにいけないと思います。携帯灰皿は必須!もはや常識。てことで今回は 当店導入おとといのNew Face のご紹介。POPなカラーと斬新なデザイン、ちょっとカエルっぽい感じがしますがカエルではありません・・・フランスの携帯灰皿、Keolといいます。日本には7〜8年前くらいからあるかな?バラしてメンテナンスも簡単にできます。円柱型よりバッグやポケットに収納しやすいとも思います。最近のテーマ、ギフトアイテムとしてもいけると思います。カラーは8色。よろしくお願いします。


Keol ashtray [Made in France] ¥ 1,050 -

Date: 2010年12月14日

あったかニット

10121601.jpg10121602.jpg


今日は極寒ですね。朝から天気予報を見ていたら「最高レベルの防寒具でお出かけください」と言ってました。そんなわけで、最高レベルの防寒のひとつ、頭にはニット帽をいかがでしょうか。おなじみのLiga Felizのニット帽シリーズです。ニット帽は耳まで覆ってくれるので、とてもあたたかく、こんな寒い日には必須アイテムなのです。
ニット帽と一口に言ってもたくさんの形があります。つば付きからボンボン、最近入荷したNew型はボンボンではなく、トップに引っ掛けのようなものがついていて(写真左のWhite×Pinkのもの)これが凄くかわいいんです!私もこのカタチを思わずゲットしてしまいました〜。他にもヘアバンド型があり、こちらはネックウォーマーとしても使える万能アイテムとなっています。是非、店頭に見にきてくださいね。


Liga Feliz ニット帽 ¥ 7,900〜

Date: 2010年12月16日

Bad News 凹

1217_1-1.jpg1217_1-2.jpg


そろそろ年末。さて、カレンダーでも買っておこうかな・・・てな感じが 年の瀬を感じさせる我が家。カレンダーといえばinnovator。
思い返せば十数年前、センスはいいが「良」でない先輩(!)から教わったものでした。(SWEDENのブランドってことで昨今は北欧モノ扱いでちやほやされてる節もありましたが、当方全く北欧興味ありません。)デカくて紙質も厚く、バリバリ書き込めて見やすい。クラフトの封筒に入ってて、毎年土曜日と日曜日の印刷色が変更されるので、開封する時にささやかなお楽しみ感付き。それ以来ずっとつかっているこのカレンダー、それ以外を考えた事も無いので、さっそくネットで注文・・・バイーーン!!無い。2011年のやつが。どこにも無い!ネット探しまくるもファン達の悲鳴ばかりが・・・どうやら輸入代理店さんが・・・らしい。どうしましょう・・・凹


Date: 2010年12月17日

おすすめギフト_008

1220_1-1.jpg1220_1-2.jpg


サンタ役のみなさん こんにちは。今週末はクリスマス。ご苦労お察し致します。そんなこんなで いよいよギフトシーズンもたけなわ。当店は 軽いギフトから 目上の方へのギフトまでのご用意 をモットーに日々営業しています。この時節は是非一度ご来店を!
さて、本日のおすすめはYellow Bros.謹製 レザートレイ。ステンレス製の医療用トレイをすっぽり革で包んだこの一品、鍵や日用ツールなどの金物系にもってこいです。ステンレス地で強度は安心の上に、がちゃがちゃ音を吸収してくれるレザー貼り。もちろんレザーは妥協なきイタリア産使用。玄関やデスク、テーブルの上に何気にあると凄くありがたく、日常フル活用。でもってハンドメイドのスペシャルアイテム。なかなか自分で買おうとは思わないけれども、[永く使えていつも身近にある]という逸品の条件を余裕でクリアするこんな製品こそギフトにバッチリじゃないっすか!
写真のSoramame Model とシャープなFlat Model の2種類がございます。
あとですね、この製品 カスタムオーダーもお受け致します。納期は30日前後。その他詳細は店頭でお尋ねください。


Yellow Bros. Leather Tray Soramame Model ¥ 9,240

Date: 2010年12月20日

キャンドルのススメ

1221_1-1.jpg1221_1-2.jpg


みなさんこんばんは。どうあがいても今週末はクリスマス。盛上げていきましょう。
今日はそんなイベントの盛上げ役、キャンドルのススメ。キャンドルの灯はゆらゆらしてて ついつい見はまってしまいます。それだけでも効果的なものを さらにグレードアップな当店取扱いのBig dipper社のキャンドルは 蜜蝋アロマキャンドル。そうそうお目にはかかれないはず。蜜蝋は 黒々した煤は出さず、出すのはほのかな甘み。それに加えたのがアロマオイル。優しい香りで追い打ちです。
今回は beehive glass が激しく品切れ中(面目ありません)という事もあり、その詰め替え用Refill の使用アイディア。本来はbeehive glass用なのでそのグラスがあればBEST。もしくはそれが入るキャンドルホルダーがあればOK。いいのがありましたよ。Emalia OLKSZのBelied Mug 250ml。さすがにぴしゃり!とはいえませんが、全く問題なく使えます。というより マグカップからいい香りぃ〜&揺らめく灯火ぃ〜で けっこういい雰囲気醸し出します。
マグカップは全7色、アロマキャンドルは全9種、7 x 9 で 63 パターン(掛け算出ました)の組み合わせが可能。 パッケージもグッドなのでギフトにもいけそうです。
あとはいい音捕まえて ナイスなクリスマスの仕込みを決めてしまいましょう。あ、くれぐれも火の用心もお忘れなく。


Big dipper Aroma candle Refilll ¥ 2,100

Date: 2010年12月21日

本日の頂き物

1222_1-1.jpg1222_1-2.jpg


みなさんこんばんは。商いを生業とするワタクシ、クリスマス商戦まっただ中のこんな日は ギフトアイテム アップするべし。なんですが、横やり入りました。こんな素敵な頂き物、アップせずにはいられませんな。「白玉饅頭」佐賀名物らしい。未経験なり。開けてみたらば・・・うひょ〜 写真撮る前に一個食べちゃった。しかたありませんね。こんなつやつやしてるんですもん。もちろんうまかったさ!賞味期限が本日限り?仕方ないから完食いしますよ。余裕。いつも世話になっているのにこんなもん頂いちゃって。あざーす、Hちゃん!

Date: 2010年12月22日

おすすめギフト_009

2123_1-1.jpg1223_1-2.jpg


イブイブのみなさんこんばんは。ついに明日はクリスマスイブ。己をうなずかせるプレゼントは見つかりましたでしょうか。ギフトの駆け込み寺と呼ばれてみたい当店では まだまだギフトアイテムのおすすめが わんさか ございます。そんな中からの本日のおすすめはこちら。松徳硝子謹製 色うすはり。もっとブログアップしてご紹介したいうすはりグラスシリーズ ですが、写真撮影が難儀といういいわけでなかなかアップに至りません。面目ありませんな。言い訳は程々に、このとてもきれいで可愛らしい 色うすはり、通常のうすはりグラスと同様の厚さ(0.9mm)のグラスにカラーチップが混入されております。もちろん手作業なので、1つずつカラーチップの大きさや位置が違います。ほんとキレイですよ。これ。何を入れたら一番美しいかな〜 なんて考えながら使ってみたいものです。うすはりグラス使用済の方はご理解頂けると思いますが「薄いはうまい」です。お酒類に限らずです。そのうすはりのちょっと変わり種の色うすはり、いいギフトアイテムだと思いますよ。


うすはりグラス  色うすはり ¥ 1,470 [Blue・Red]

Date: 2010年12月23日

TWIN PENCIL!

1226_1-1.jpg1226_1-2.jpg


師走なみなさんこんばんは。今年もあと5日ほどになりましたね。当店の年末営業は30日までです。しっかり営業していますのでよろしくお願いします。
そんなこんなで、もうすぐ迎える新しい年、新年にスケジュール帳やノート買い替えたりしないですかね?皆様は。当店には文房具もちょっとだけ取扱っています。文房具屋さんと比べてはいけません。足下にも及びませんから。濃ゆ〜い 面白いのに出会ったら増やしてる感じです。で、どうですかね?コレ。AUTOPOINT のTWIN PENCILといいます。昔からある黒もしくは青と赤の両方ついた鉛筆ありますよね。それの アメリカ版シャープペンです。クラッシックでスタイリッシュな細身なボディですが、本体はプラスチック製なので 見た目のしゅっとした感を裏切る軽さとチープさが・・・て、この粋なちゃちさが アメリカらしさでgoodなポイントです! 芯は0.9mmで滑らかな書き味。紙製の替芯パッケージなんてこれもんですよ。やってくれます。やっぱアメリカ製は外せんですな。いつも使うペン立てや筆箱に標準装備しておきたい1本ですぜ。


AUTOPOINT TWIN PENCIL  ¥ 840
AUTOPOINT TWIN PENCIL Refill (専用替芯・赤 黒) ¥ 210 
Made in U.S.A

Date: 2010年12月26日

師走。

10122901.jpg1228_1-2.jpg


気がつくと今年も残りわずか。本当に12月ってあっという間ですねぇ。もうーいーくつ寝ーるーと、ってことで、まもなくお正月です。おせちを自分で作って女度を上げれればいいのですが、あいにくワタクシ、食べるの専門・・・なわけで、同じような方におすすめしたいのが Rosti の Storage BoxとLunch Box 。おせちとは往々にして食べきれないくらいの量がありますので、このかわいいタッパー達でお家に連れて帰ってはいかがでしょうか。私もこちらのRostiの製品、使っていますが、Storage Boxは何かと便利です。Lunch Boxも大容量なので、ガンガン詰めれますよ。年始の挨拶の懐にRosti。2011年はそんな始まりになりそうです。
あ、右の写真は 2010 忘年会の思い出。タコスの断面図です。おかわり注意です。


左上 : Rosti Storage Box 650ml ¥ 1,050
左前 : Rosti Storage Box 350ml ¥ 735
右 : Rosti Lunch Box ¥ 1,890

写真右 : 五島町 DIMPLES のなんとか?タコス

Date: 2010年12月29日

おめでたいはなし

1230_1-1.jpg1230_1-2.jpg


年末の皆様、おつかれさまです。当店2010年の営業が滞り無く終了いたしました。今年はOPEN年度。お客様をはじめ、各関係者の皆様、誠にありがとうございました。なんとかお正月を迎えられそうです。そんな今年最後のブログはおめでたいネタで締させて頂きます。
来年からは本腰入れて取り組んでいこうと思っている婚礼祝い関連業務ですが、今年も何件かのご依頼をいただきました。その中より今回のご紹介は 入籍後にご注文いただいたので ついこないだの納品になってしまった こちら、結婚記念注染[ちゅうせん]手拭!うーん、いい色。図案[お客様持込みのデザインです]もかわいいぞ!
手拭いといえば 日常使うものとして 昨今再注目されている便利なもの。プリントでやればローコストでスピーディなものですが、時が経つほど味がでる夫婦になっていただきたいという事で、妥協は厳禁。プリントでは決して味わえない、使い込んでなじむ手触りと色の変化を求め、明治時代よりの日本の伝統、注染[注ぎ染め]にて発注。もともと注染は 不可能が多い技法なので 今回の図柄や配色は問題多発で 注染を断念する事も考えましたが、染め職人さんをはじめとした 関係者のたいそうな熱意と苦労により仕上がりました。それもとても素晴らしいものが!出来上がりを見たときは自分の事のように嬉しゅうございました。しかしホントに大変な仕事だったようです・・・図案的には「日本」を感じないものかもしれませんが、こういうものが日本の伝統工芸の次につながるのではないかと考える店主としては とても意味のあるご依頼だったと感謝しています。記念品としての手染め手拭い、ご興味のあるお客様はお気軽にお問い合わせください。
月並みですが 城戸君、春菜さん ご結婚おめでとうございます。どうぞ末永くお幸せに。


Date: 2010年12月30日