Making gadget+ Archive

物件探し。

10050904.jpg10050903.jpg


「お店の物件探しって大変だよー」とは、よく人から言われていたのに、まぁ見つかるんじゃないのー、と余裕をかましていた私たち。・・・実際動き出すと、ない。ない。ない。いいなぁと思っても予算オーバーだったり、作りや立地に気になるところがあったり。
そんなこんなで苦節半年、やっと見つけたのが今回の物件です。最初に思い描いていたよりも少し小さいお店ですが、その分、お客様との距離も近いし丁寧に接客できると思います。
写真は、最初見つけた時の様子。これからお店ができるまでを少しずつ更新していこうと思います。→making gadget+ (N)


まじ苦労した物件探し。狙うは育って遊んだ浜の町界隈以外の江戸町近辺or大波止近辺。当初は「こんな時代、物件はよりどりみどり〜」くらいに思っていたら、「こんな時代だから、皆さん10坪弱の物件お探しです」とは複数の不動産屋の弁。2月OPENの企てはあっけなくポシャり、3月・・4月・・と。しかーし!やはり何事も人の縁。現住居を見つけてくれた大光くん!(エイブル大波止店)いい仕事しましたよ。大家さんにお会いしたら、さらに素敵な方でさくっと決定。・・・私のワガママたくさん聞いていただきました。ほんと感謝してます。大光くんもこれでポイント+2です。
お店はみんなの力でできあがります!(T)

Date: 2010年04月25日

工事始まる。

10041902.jpg10041901.jpg


making gadget+  その2。


物件をおさえて、約2ヶ月後。やっと工事のはじまりです。限られたスペースをどのようにレイアウトして店を作るか。毎晩毎晩、悩みました。右の写真は、壁に棚板の位置をマーキング中。

Date: 2010年04月28日

棚板完成。

10050201.jpg10050202.jpg


making gadget+  その3。


棚板、かなりシュッとした感じになりました。1枚の鉄板に穴をどのくらいの大きさで、どんな間隔であけていくのか。うんうん悩みました。壁に設置されたのを見て、感動!(N)


パンチングスパン。これ、今回どうしてもやりたい事の一つで、当初は直径6mmのパンチングで考えておりました。したらば金属加工チーム(山尾金属様)のサンプルが13mmで届きまして、試しに壁に当ててみると穴から漏れる光の感じがまぁ素敵で、「これでいいんじゃね」と思ったのも束の間、小さい商品落ちる!強度落ちる!で「それなりに大きい穴で問題点解決」うーん迷ったね。結果10mm。スパン出来上がりまではちょっとドキドキ。棚板到着の日。ばっちりさね。そいでもって設置。いやープロはいつ見てもスゲー。ぴしゃりですわ。いい!
お店はみんなのアイディアでできあがります!(T)

Date: 2010年05月02日

タイル。

10050501.jpg10050502.jpg


making gadget+ その4。


棚板のあとは、ぐるっとタイルを貼りました。当初は、自分たちで貼ろうなんて無謀に思っていたのですが、やっぱり職人さんにお願いすることに。さすがの仕上がり。美しい!一気に店の印象が変わりました。(N)


やっぱタイルっしょ。25mm角ね。これもどうしてもやりたかったことであります。色はいろいろ考えましたが、やっぱ白っしょ。腰高1300mmでぐるり。失敗がひとつ。端合わせの為にカットしたりするんですが、その分の計算ミスで約100mm x 1300mmに渡りショート!タイルのオーダーは私。やっちまいましたな。プロのアイディアでいい感じでまとまりましたが。こういうのはやっぱプロに任せなきゃいけないね。ご迷惑おかけいたしました。そんなこんなで貼り上がり。あらやっぱいい感じじゃん!お店は皆さんの卓越した技術で出来上がります。(T)

Date: 2010年05月14日

壁の色。

10051501.jpgmaking gadget+ その5。


壁の色、どうするかずーーっと悩み続けました。色決めのデッドラインの日。ランチでカレーを食べながらの会議で水色に決定。カラーサンプルの色だけでは不安だったけど、塗ってみたらイメージ通りできれい!一気に爽やかな店になりました。(N)


壁色はまさに一か八か!塗り直しなんてできないもんで。始めは「白かな」なんて考えてましたが、なんだかな・・・芸無しやね・・・と思い出しましていくつか候補を挙げました。が、そう簡単に絞りきれません。そんなときふと、以前バイクのフレームを探していたときのことを思い出しました。イカすサックスブルーのフレームがありまして(手に入れる事は叶わずでしたが)そのイメージってのが最終案の本音です。一生懸命その色イメージとニュアンスを塗装チームに伝えましたさ。したらばやってくれました。イメージどおり!すげーなーみんな。お店はみんなの力でできあがります。(T)

Date: 2010年05月15日

カウンター

10051903.jpg10051904.jpg


making gadget+  その6。


5坪のお店をどう作るか悩んだあげく、カウンターを作りました。すっかり飲み屋風味で、近所の人からは飲食店ができると思われていたようです。バックヤードがないgadget+。カウンターの内側は貴重なストックスペースになるはずが、かっこいいカウンターになったために前面もこんな感じに。中が丸見えですー。何も置けません。どうするんでしょう。でも見た目が命、あとはどうにでもなる、ってことでGOです。(N)


カウンターです。イカす飲食店やバーにはつきもの。物販育ちの私にはちょっと憧れでしたな。そんな理由もあって今回導入。オープンして使っていくとやっぱ飲み物くらいは出したいな・・・とよこしまな気持ちがちらほら。そのうちやね。
製作話としては、大きさと位置と大まかな材質だけをこちらからオーダー。何度かは打合せしましたが、この頃になると製作チームには普通に信頼感もってたんで、不安よりも「どんなかっちょいいヤツできてくるんだろ」と期待が大きかったな。したらばやってくれました。なんか照れくさくなるくらいのヤツがポン。さすがです。お店はみんなの力で出来上がります。(T)

Date: 2010年05月19日

ガラス。

10052106.jpg10052105.jpg


making gadget+  その7。


ガラスが入りました。初めて見るガラスの取り付け。強烈な吸盤のようなもので持ち上げてはめ込むんですね。作業は超慎重。全員が緊張の一瞬です。
このガラスが入ったことにより、カウンター設置とのダブル効果で「いけす」に見えるようで、飲食店風味がさらにあがることに。魚は泳がせませんから。水槽ではありませんよ。
ドアも入りました。やっぱりピカピカのガラスはいいですねー。ちゃんと毎日磨いて掃除しなければ!と思いました。(N)

Date: 2010年05月21日

Lighting

10052104.jpg10052103.jpg


making gadget+  その8。


照明。これも相当悩みました〜。こればっかりは現物みないとイメージわかんよね、ってことで、福岡へ。いいねーってものはあったのですが、あまりに高くて予算オーバーのため断念。だけどショールームなどでイメージだけは掴めたので収穫ありということで、自宅に帰ってネットで検索しまくりました。あまりに膨大な照明のカタログを見ながら、何度も眠気に襲われ危なかったです。そんなこんなで決めたこの照明。取り付けが素人には無理だったので電気屋さんにお願いを。そしたら取り付け口が国産のものとは少し違ったために、電気屋さんにかなりの苦労をしいてしまいました。
ひとつひとつが大変です。。。

Date: 2010年05月26日

テントとシャッター

10052701.jpg10052702.jpgmaking gadget+  その9。


お店の場所は昼間は日が差し込まないんですが、ビジュアル面重視でテントを設置することに。この色もずっと悩んでいたんですが壁の色を水色にしたので、テントも水色にしてみました。
素材が違うので、壁の水色と統一感を出せるか心配だったんですが、ばっちり!


ということで、赤だったシャッターも水色に。ドミノ方式で、床部分の水道管の蓋も水色にしてしまいましたとさ。(写真右の右下です)

Date: 2010年05月27日

室外機カバー。

10052703.jpg10053004.jpg


making gadget+  その10。


棚板もしゅっとキマった。タイルもきれいに貼られた。カウンターもかっこつけた。・・・でクーラーの室外機をどうするかっという問題です。お店の構造上、どうしても表のどこかに設置しなければいけません。職人さん達に相談した結果、凄いものを作ってもらいました。カウンターの雰囲気そのままの室外機カバー!3つの穴はテントとシャッターの棒を収納するため。この棒たちの収納場所も困っていたので助かりました。
しかも、うまい具合に商品のディスプレイ台のようになっています。
これを作っている時、通りかかったおばさまからも、「あら、そのアイデアいいわねー。いくらぐらいで作ってもらえんの?」と聞かれた密かに自慢の逸品です。

Date: 2010年05月31日

シャッターにペイント。

10052904.jpg10052903.jpg


making gadget+  その11。


当店は国道沿いでかなり車の交通量の多いところです。営業時間がお昼からのため、午前中に通る方には、Close時のビジュアルがこれではスルーされちゃうってことで、シャッターにロゴを入れました。こんな感じでーと送ったデータがシャッター用シートになってやってきました。シャッターには凹凸があるので、平面のまま貼付けてもちゃんとしたロゴの形が表現できません。なので、その凹凸を計算に入れたものが貼付けられます。
全てが職人さんの素晴らしいお仕事によって、お店はできあがっていきます。

Date: 2010年06月02日

テントにロゴ。

10060701.jpgmaking gadget+  その12。


シャッターにペイントしたはいいが、OPEN中、外観のどこにも店名が無い。というわけで、テントにお店の名前とロゴを入れました。
がしかし、電車通りからと対岸からはバッチリ見えますが、店の目の前の道を通るとほぼわかりません。たまにお客様が「ここかなー?」という感じでのけぞってテントのロゴを確認していることがあります。すみませんね〜。。。(N)

たかがテントにロゴとおもうことなかれ。写真見ると職人の兄さんがドライヤー持ってるの、お気づきですか?くっつきを良くするためやるらしいのですが、貼る対象の素材によって必要、不要があるらしいです。シャッターのカッティングシート然り、テントのカッティングシート然り、その道のプロの仕事は興味深いものばかりです。すばらし!(T)

Date: 2010年06月07日

シャッター柱

10061401.jpg10061402.jpgmaking gadget+ その13。


当店のシャッターはこのように2枚からなっているので、当然真ん中に柱があります。この柱、いったいどこに収納したらいいのかでも頭を悩ませました。見えないところで、ってなると店内?いやいやうっかり人間が、そんな柱を毎日外から中に入れてたら、そのうち100%このガラスを割るでしょう。
ってことで、相談してみたら、室外機カバーに続いてナイスアイディアをいただきました!壁に留め具を打ち込み、柱のほうには引っかかりをつけて、お店の外観になじむよう立てかけ、だけど倒れないようにちゃんと引っ掛かってるよ〜というスーパー職人の知恵アイテムが完成。いやぁ万事丸く収まる方法をいつも提案してくれるYさん。この方じゃなかったら、うちの店はオープンできませんでした!

Date: 2010年06月14日

天井ぶち抜き

10061701.jpg10061702.jpg


making gadget+ 追加編。


お店の制作過程、ちょっとすっ飛ばして書きすぎだと当店の代表より突っ込みをうけたために追加編です。
工事始まる、の前に物件をどのような状態で引き渡しするか大家さんと話してて、こちらの「天井抜きたいです」発言に応えてもらって、ブチ抜いちゃいました。天井。左の写真が引き渡し前。右がブチ抜き後です。やはり天井を抜くと開放感があって、空間が広く感じます。
私たちのわがままオーダーに快く応えてくれる大家さん。この後も色々な面でお世話になることに。知り合いのお店をやっている人に話を聞くと、あれは駄目、これも駄目という大家さんが多いらしいのですが、ほんとウチの大家さんは最高です。ちなみにお隣の酒屋さんが大家さんですが、名字が私の旧姓と同じな上に実家の家業と一緒なので、「あれ?実家?」と聞かれます。違いますよ。親戚でもありません。だけど不思議な縁を感じて勝手になついてます。

Date: 2010年06月17日

サッシぶち抜き

10062001.jpg10062002.jpg


making gadget+ 追加編その2。


天井を抜いた後、サッシもぶち抜きました。前面に写真左のようなサッシがあったのです。左側に見える柱、これが飛び出しているので、ここをどうするかで悩みました。以前は洋服屋さんだったので、この柱とサッシの間をディスプレイで使ってたのかなー?と思われますが、うちではトルソーがあるわけでもないし、ディスプレイに活用するにも微妙なスペースだったため、取っ払うことに。んで、右のような形になったわけです。その以前入っていた洋服屋さんも遊びに来てくれたのですが、「うわぁー全然違う形になってるー」と驚いていました。

Date: 2010年06月20日

レイアウト作り。

10062403.jpgmaking gadget+ 追加編その3。


早いものでOPENしてから半年が過ぎました。近日店をOPENされるというお客様のお話を聞いていたら、あーでもない、こーでもないと日々葛藤していた頃を思い出し、このように物件の間取りを紙で作ったことを思い出しました。方眼紙を正確に(縮尺はもう忘れましたが)切って、貼って、図工レベルで作ったものです。結構楽しかった記憶があります。平面よりも立体になるほうがイメージがわくもんで、この数日後、店舗デザインが決定しました。建築関係の仕事は楽しいものですね。その事にもっと早く気付いていたら少しは勉強したかも・・・
その思い出の一品も家に置いていたらうっかりな誰かさんが上から物を落としまして、少々ぐしゃっとなっています。縁起悪すぎ!しかし初心忘るべからず、ってことで未だに捨てることなんてできずに、家の片隅でまるで神棚のように祀られています。また出店したいな・・・

Date: 2010年11月22日

フィルム施工_1

140515_5.jpg140515_3.jpg


みなさんこんばんは。本日は久々のMaking gadget+ ネタを。
気分も新たな5年目の営業に入ったということで 念願の入口ガラスドアにフィルムを貼りました。このガラスフィルム、最近は数多くのバリエーションがでていまして かなり迷い抜きましたw おかげで 思いついて業者依頼するまでかなりの時間を要してしまいました。いかにも4周年記念に合わせたかのような 施工タイミングですが実はそうではありません。何度か自分で貼ってみようかとも思ったものですが、施工現場に立ち会って やっぱり任せてよかったと ほっとしたものです。段取りはドアノブ外す→清掃→貼る ですが、今回の依頼内容はドットのグラデーションフィルム2枚貼りによる 薄→濃→薄の特注グラデーション仕様 なのでなおさらそう思いました。「はー、こんなやって貼るんだww」とちょっと感動ものでした。みとれて 施工時の写真はほとんど撮ってませんが・・・とても自分ではできません。あー無茶(自分で貼る)しなくてよかった。2に続く
 

  E-mail mail_18x18.png  instagram insta_18x18.png   facebook fb_18x18.png

Date: 2014年05月16日

フィルム施工_2

140515_1.jpg140515_4.jpg


で、このフィルム施工はなんと創業文久元年=1861年!! 長崎では超老舗のガラス屋さん川添硝子 様に依頼いたしました。(長崎とガラスの関わり合いはやはり半端ないのです) その川添硝子の大将(?)は僕の先輩でありまして、お店関連のこと(店舗のガラスやエレクターに使っている特注アクリル板、Vikan ラスタークロスを教えてくれたのもこの先輩)で 日頃からいろいろと面倒みてもらってます。(プライベートではこれからよろしく願う予定です) そんな世話になりっぱなしにも関わらず「4周年記念だからな」と漢気溢れる 出血大サービス価格で施工していただきました!ありがたきかな上下関係ww
ガラスフィルムは紫外線防止や破損時の飛散防止など 見た目以外の効能も多数あるもので 店舗はもちろん、ご家庭でもかなり使えるものだと思います。ご興味目覚めましたら ぜひ川添硝子様へお問い合わせください! (ベタな媚び打ちですが ほんとにフィルム加工はいいものなのです)当店ももう少し導入したいと思っています。
[添付画像は左が施工前、右が施工後です]
 

  E-mail mail_18x18.png  instagram insta_18x18.png   facebook fb_18x18.png

Date: 2014年05月16日