職人の凄技。 

カテゴリー archive, bamwood d&w (JPN), ITEM

輪弧編みを上下二枚用意して網代の底生地をはさみ込んで、編み上げられます。でも、どうしてこんなにキレイなんだろう?と思いながら裏返してみると、納得!竹には必ず「節」がありますが、その節が底にくるように丁寧に編まれているために、普通に置いている状態では、節が見当たらず美しい仕上がりになっているのです。いや、これは感動。別府伝統の籠として受け継がれてきた素晴らしい技術ですね。使うひごの本数によってサイズが変わります。当店ではSとMサイズがあります。店頭で手に取って、その美しさに触れてみてくださいね。

bamwood d&w テッパチ
S ¥ 8,000- φ220×H80mm / M ¥ 10,000- φ250×H80mm