おめでたいはなし

カテゴリー archive, ITEM, JPN_etc, Scrap/Notice

今年はOPEN年度。お客様をはじめ、各関係者の皆様、誠にありがとうございました。なんとかお正月を迎えられそうです。そんな今年最後のブログはおめでたいネタで締させて頂きます。

来年からは本腰入れて取り組んでいこうと思っている婚礼祝い関連業務ですが、今年も何件かのご依頼をいただきました。その中より今回のご紹介は 入籍後にご注文いただいたので ついこないだの納品になってしまった こちら、結婚記念注染[ちゅうせん]手拭!うーん、いい色。図案[お客様持込みのデザインです]もかわいいぞ!

手拭いといえば 日常使うものとして 昨今再注目されている便利なもの。プリントでやればローコストでスピーディなものですが、時が経つほど味がでる夫婦になっていただきたいという事で、妥協は厳禁。プリントでは決して味わえない、使い込んでなじむ手触りと色の変化を求め、明治時代よりの日本の伝統、注染[注ぎ染め]にて発注。もともと注染は 不可能が多い技法なので 今回の図柄や配色は問題多発で 注染を断念する事も考えましたが、染め職人さんをはじめとした 関係者のたいそうな熱意と苦労により仕上がりました。それもとても素晴らしいものが!出来上がりを見たときは自分の事のように嬉しゅうございました。しかしホントに大変な仕事だったようです・・・図案的には「日本」を感じないものかもしれませんが、こういうものが日本の伝統工芸の次につながるのではないかと考える店主としては とても意味のあるご依頼だったと感謝しています。記念品としての手染め手拭い、ご興味のあるお客様はお気軽にお問い合わせください。
月並みですが 城戸君、春菜さん ご結婚おめでとうございます。どうぞ末永くお幸せに。